IGF-1育毛理論とは

若返り物質IGF-1を増やし、体の中から育毛を促進する、IGF-1育毛理論

“IGF-1育毛理論”は、岡嶋研二博士(名古屋Kクリニック院長、元名古屋市立大学大学院教授)らの研究グループの画期的な発見に基づいて作られた新たな理論です。

インスリン様成長因子-1(IGF-1)は、育毛など多くの若返り効果を持った重要な物質ですが、これまで、この物質を安全に増やす方法は見つかっていませんでした。岡嶋研二博士らは知覚神経を刺激すれば、毛根をはじめとする体内のIGF-1が増加し、育毛が認められることを見出しました。

胃や腸の知覚神経を刺激する物質の代表が唐辛子に含まれるカプサイシンと大豆成分のイソフラボン。また、岡嶋研二博士らは、薬剤の中にもIGF-1を増やすものがあることも見出しました。これらの発見に基づいて、食餌指導と薬剤による新たな育毛戦略である”IGF-1理論”を完成させ、薄毛治療に応用しています。

決め手はカプサイシンとイソフラボン
唐辛子の写真
唐辛子成分「カプサイシン」で、知覚神経を刺激して「CGRP」を放出させ、毛根で「IGF-1」を増やす。

「カプサイシン」は唐辛子に含まれている辛味成分です。「カプサイシン」によって刺激された胃や腸の知覚神経情報が脳から全身へ伝わり、頭皮の知覚神経も刺激されることで、「イソフラボン」の働きで増やされた「CGRP」が放出されます。この結果、毛根で増加した「IGF-1」が毛母細胞の成長を促し、育毛へと導きます。

大豆の写真
大豆成分「イソフラボン」で、若返り物質「IGF-1」の増加をサポートする知覚神経内「CGRP」を増やす。

「イソフラボン」は、大豆胚芽などに多く含まれるフラボノイドの一種です。「若返り物質」または「長生き物質」とも言われ、細胞の成長を促進し、毛乳頭を活性化する「IGF-1」の生成を助ける「CGRP」という物質を増やします。


▲ページの先頭へ